空き家問題とは?

空き家問題の現状と原因

空き家問題は現在、大きな社会問題として扱われています。今回は空き家問題の現状と原因について説明します。

空き家問題の大きな原因は人口が大幅に減少し続けていることです。それにより人口に対して空き家が増え続ける原因になり、空き家が増え続けています。また、それ以外にも雇用が都心部分に集中していることや、介護施設の利用の増加に伴う空き家の問題も出続けています。色々な理由があり空き家問題は増えているのです。

空き家問題の現状について説明します。まず、空き家には色々な種類があります。普段は住んでいないが使っている二次的住宅と、貸したいが借りてのつかない賃貸用の住宅、売りたいのに買い手がいない売却用住宅と、その他に分類されます。その他の中には介護系の施設への入所で空き家になる場合や、所有者が亡くなってしまいそのまま空き家になる場合もあります。

空き家の数は全国的にも増えていて、平成25年においては800万戸以上の空き家がありました。空き家率は13%を超えています。5年前に比べると空き家の数は60万戸以上の増加になっています。

また、空き家問題は一軒家だけでなくマンションでも起こっています。マンションの多い東京都では空き家問題が深刻な問題になっています。マンションの場合は構造が頑丈なので自然に倒壊することはなかなかなく、周囲に与える問題は小さいですが建て替えもしにくいという特徴があります。このように空き家問題は一戸建て住宅だけではなく、様々な問題を抱えています。