空き家問題とは?

空き家問題の問題点

空き家問題は現在、大きな社会問題として扱われています。このページでは空き家問題の原因や現状、そしてなぜ空き家が多いといけないのかといった問題点について説明します。

空き家問題の主な原因は人口が大幅に減少し続けていることです。それにより人口に対して空き家が増え続けてしまう原因になっています。それ以外にも都心部に雇用が集中していることや、お年寄りの世帯になると自分の家では生活することが出来ずに介護施設の利用の増加に伴う空き家の問題も増え続けています。色々な理由があり、空き家が増えているのです。

空き家の問題の現状について説明します。空き家の中には、色々な種類があります。普段は住んでいないが使っている住宅、借りたい人がいない賃貸用の住宅などに分類されています。一番問題な空き家はそれ以外の、所有者の死亡などによって放置されている空き家です。このような空き家が増えることによって、街の犯罪リスクや周辺の住宅への悪影響に繋がります。

空き家が多いことの問題として、上記にも述べたように犯罪リスクが一気に上がることが挙げられます。とくに人が住まなくなった空き家は虫の巣などになることもあり、それがキッカケとなり周りの住宅に害を及ぼすことも珍しくありません。また、空き家による不法侵入や占拠が行われてしまうと周りの人は安心して暮らすことができなくなってしまいます。最近では空き家に放火をする事件なども起きています。このように空き家問題には様々な問題があり、早急に解決しなければいけない問題と言われています。


◆◆ 空き家問題に困ったときの役立ちサイト ◆◆
自身の空き家問題で困っている方は、不動産売却を考えてみるのも良いでしょう。インターネットで無料査定依頼ができるサイトを利用すれば、どのくらいの価格になるかを知ることができます →→ 不動産売却